OUGI Leathers

2022/05/21 14:19

手縫いとミシン

手縫いとミシンを使った縫い方を採用しています。

手縫いのメリットは丈夫な製品が作れることです。デメリットは縫う時間がかかるため高価になります。
ミシンのメリットは素早く縫い上げれることです。縫う時間がかからないため手縫いと比べて安価になります。
デメリットは手縫いに比べて、糸が切れやすく、修理が必要です。

左から 菱目打ち 手縫い用蝋(自作) 縫い針 手縫い糸(天然繊維)手縫い糸(特殊繊維) 手縫いとミシンの縫った内部サンプル 手縫いとミシン見分けサンプル

手縫いとミシンの縫い方の違い

手縫いの手順:菱目打ちで穴をあけ、手縫い用の蝋をつけた糸の両端に針をつけて、針と針をクロスさせながら縫っていきます。

ミシンの手順:上下の糸をミシンにセットして、革に針を落とし上糸と下糸をひっかけながら縫っていきます。

手縫いの工夫:糸に手縫い用の蝋をつけて中に浸透させます。このことで蝋が糸の繊維の擦れを防ぐ潤滑油のような役目をして丈夫な糸となるわけです。また、縫うときにも1針縫っては引き締めますが、蝋がついてることで革にくいこんでお互いの糸がクロスするとき高摩擦で糸がくっつくように固定され緩まないような仕組みになっています。
手縫いの手順とミシンの手順で縫った場合の内部がどうなっているのかを見れるサンプルです。左が手縫い、右がミシンです。
手縫いは糸に蝋を塗り込み、クロスさせながら縫い、更にひと手間、切れない工夫をしています。
ミシンは蝋を塗れないのとひっかけながら縫うため、一度糸が切れればスルスルと糸が抜けていきます。

ただし、手縫いにしても、ミシンにしても、製作者の習熟度や道理の理解や製品にたいする気遣いにより変わっていきます。すべての手縫いが丈夫ではなく、すべてのミシンで作った製品が脆いわけではありません、縫い目の綺麗さも同じです。

世間には色々な製品がありますが、お客様自身が物に対する興味を持ち、良い製品を見分ける目を養う事が必要になってきます。

手縫いとミシンの見分け方

上の画像のように製品を左手に持ち右から覗き込み、左の手前から奥に行くにしたがって↘の縫い目が手縫いです。
逆に↗になってるのがミシンです。例外もありますがほとんどこんな感じです。
あとミシンの縫い穴はかなり小さくて、手縫いの縫い穴は菱目打ちや菱切りで開けるため大き目の縫い穴が開きます。

手縫いの製品と、ミシンの製品とでは作り方が異なりますので、例えば「あの手縫いの製品をミシンで作ってほしい」などの要望は難しい場合もありますので、一度ご相談下さい。

コバ処理について

コバとは革の断面です。
手縫い同様に処理の仕方で時間のかかりかたが変わってきて、しっかり処理すればするほど高価になります。
布でいえば端は折って縫ったり、ロックミシンというミシンを使って縫ったりしますが、これは布がほつれないようにするためです。
革は繊維が複雑に絡まっているため、すぐさまにほつれていきませんが、ほつれないわけではありません。
また、革の表は防汚加工されてますが、製品を作るために切った革の断面は未処理です。このまま製品を仕上げると、未処理の断面の革の繊維が緩んでいってほこりなどが入り込み黒ずみや耐久性がおちる原因になります。

左から トコノール ふのり 自作のコバワックス です。

コバ処理の種類

・自作のコバワックス加工

革の可塑性を使い圧縮して固めた状態を維持させて、コバの凹凸を取り除き、熱したコテで熱によるコバの収縮を利用しつつ熱で溶けたワックスをコバに塗り込み完全にコバを覆う方法です。タンニン鞣しでは一番時間がかかり特別な物を作るときに使用します。一番コバに艶が出て長持ちするコバ処理です。

・トコノールなど市販のコバ処理剤を使った加工 

革の可塑性を使い圧縮して固めた状態を維持させて、コバの凹凸を取り除き、塗り込んで磨きコバに蓋をする方法。一般的に使用する方法です。

・ふのり(海藻の一種)の加工

革の可塑性を使い圧縮して固めた状態を維持させて、コバの凹凸を取り除き、ふのりで処理する方法


・クロム鞣しの加工

もとが柔らかい革ですので、目止め液(コバを固める薬剤)でコバを固めてコバの凹凸をなくす作業を繰り返します、その後整ったコバにコバワックスを塗りコバを覆う方法をとっています。目止め液の乾燥時間もあり一番時間がかかりますが、柔らかい革もコバ処理ができます。

この他には薬剤を塗る方法もありますが、いったんコバのひび割れや剥がれなどがはじまると、ボロボロな見た目になるので採用していません。


コバワックスを使った処理 > トコノールを使った処理 > ふのりを使った処理 > 未処理 

この順にコバの丈夫さが分かれているかと思います。

既存の商品をデメリットを承知していただければ未処理でも製作可能です、コバの処理の度合いについてはご相談下さい。